自動車保険を分割払いで

分割払いの自動車保険ならアクサダイレクトで!

自動車保険

自動車保険、略称自賠責保険(じばいせきほけん)とは、自動車損害賠償保障法によって、自動車および原動機付自転車を使用する際、全ての運転者への加入が義務づけられている損害保険。加入が義務付けられていることから、俗に強制保険とも呼ばれる。
自賠責保険は1955年(昭和30年)の自動車損害賠償保障法施行に伴い開始された対人保険制度で、その目的は交通事故が発生した場合の被害者の補償である。あらかじめ自賠責保険に加入させることで被害者は「被害者請求制度」を使って、交通事故の加害者を介さずに、最低限の損害賠償金を被害者が直接受け取ることができる事が出来る。

アクサダイレクト

AXA SAはパリの8区に本社を置くフランスの世界的な保険グループです。 AXAは多くの異なった国の法律および規制に従って、独立して実行事業のコングロマリット運営されています。会社のAXAグループは、保険だけでなく、投資管理の生命、健康及びその他実演を行なう。グループは、西ヨーロッパ、北米、アジア太平洋地域、中東で主に動作します。
ライフ&貯金、損害保険、海外保険(再保険を含む)、資産運用などの金融サービス:AXAグループは5つの事業の事業セグメントを網羅しています。

月払いの自動車保険

 

自賠責保険では過失割合にかかわらず、負傷した者は被害者として扱われて相手の自賠責保険から保険金が支払われる。ただし、過失割合が70%を超える場合は重過失減額として、過失割合に応じて20-50%の減額が適用される。また、最低限の補償の確保を目的としているので、保険金の上限が被害者1人につき死亡3000万円・後遺障害4000万円・傷害120万円までと低い。

また、死傷者のいない物損事故のみの場合には適用されない(車両や建造物などが破損した分には適用されない)ため、補償額の少ない自賠責保険を補うとともに、物損事故にも対応するよう任意の自動車保険にも別途加入することが一般的になっている。
車検のある自動車や、250ccを超えるオートバイの場合は、車検の機会に更新して車検証の期限が満了する期間の契約を行うのが通例となっているが、車検のない250cc以下のオートバイでは契約期間を1年から5年までの期間で任意に契約でき、コンビニエンスストアや郵便局でも加入や更新手続きができる場合もある(契約期間の長い方が、1年あたりの単価が割安になる)。
なお、自動車損害賠償保障法第10条と同法施行令第1条の2の規定により自衛隊、国連軍、在日米軍の車両は自賠責保険の付保は要しないとされている[1]。また、農耕作業の用に供することを目的として製作した小型特殊自動車は加入自体ができない。
自賠責保険に加入すると、保険会社から「保険標章」と呼ばれる自賠責保険の満了年月を記したステッカーが交付される。検査対象外軽自動車、原動機付自転車及び締約国登録自動車などの車両には、保険標章の貼り付けが義務付けられており[2]、貼り付けられていない場合は公道の走行が認められない。保険標章を貼り付ける位置は、自動車がフロントガラス、オートバイがナンバープレートとなっている。
自賠責保険に加入しないまま自動車や原動機付自転車を運行させた場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられるほか、道路交通法上の交通反則通告制度点数6点が加算され、運転免許証の停止または取消処分がなされる(ただし過失の場合はその限りではない。)。

車両保険は、(また、自動車保険、ギャップ保険、自動車保険、または自動車保険として知られている)車、トラック、オートバイ、その他の道路運送車両のために購入した保険です。その主な用途は、トラフィックの衝突による物理的な損傷及び/又は身体の傷害に対しても、また、そこから発生する可能性がある負債に対する金融保護を提供することです。車両保険の特定の条件は、各地域の法規制に変わる。低い程度の車両保険に加えて、車両の盗難に対する金融保護を提供するかもしれない、おそらくトラフィック衝突以外のものから持続的な車両への損傷。

多くの法域では、公道で自動車を使用したり、保存する前に、車両保険を持つことが義務付けられています。ほとんどの法域では、車とドライバーの両方に保険を関連付けるしかし、それぞれの程度は大きく異なります。